マネー

海外赴任でおすすめのクレジットカードはどれ?ジャカルタで実際に使ってみた感想。

海外に移住するにあたって事前にクレジットカード関連の本を参考にしたり、口コミを調べてから、日本に居る間にいくつか解約してきたカード、新しく用意した3種類のクレジットカードがあります。

実際にインドネシアで生活してみてどれが一番使えたカードか?!
海外赴任に伴い一年海外で生活してみて実際に使ってみた感想を紹介しようと思います。

実際に私がインドネシアで使っている日本のクレジットカードはこちら。

左から順に

  1. JCBのプロパーカード W Lカード
  2. セディナカード(Mastercard)
  3. エポスカード(Visa)

です。それぞれのカードのメリット・デメリット、海外に移住前、どう言うカードを作っていくべきなのかライフスタイルに合わせた選び方をご紹介します。

海外赴任前にクレジットカードの発行を検討している方は参考にしてみてください!

海外で活躍するクレジットカード、赴任先と自分のライフスタイルに合わせて考えよう!

今回記事を書くにあたって参考にした書籍はこちら。

クレジットカードと一口に行っても、いろんな種類のカードが出ていて何が何だかわかりませんよね。

カード会社のシェア

まず気にかけていただきたいのが、赴任される国・旅行される国でどのカード会社が主流なのかということです。現在VISAが世界のシェア率が一番高く、ついでmastercardとなっています。アジアはJCBや、中国の銀嶺カードが強いです。

欧米で使えるAmerican ExpressDinersは高級カードの代名詞で、特別なサービスがあるカードも。

世界で通用 VISA・mastercard
アジア圏で強い JCB銀嶺カード
欧米圏で強い American ExpressDiners

 

ポイント還元の利用先

気になるクレジットカードを使って溜まったポイントシステム。有効期限のあるもの、特定の場所にしか使えないものは要チェックです!

たまったポイントの利用先も考えておきましょう。例えば楽天で買い物を良くするなら楽天ポイントがたまりやすく使いやすい楽天との提携カードが良いですし、ヤフーをよく利用するならTポイントがたまりやすい提携カードが良いでしょう。

カード付帯の保険

そして一般カードには付帯保険が無いことも多いですが、下記に紹介する無料で作れる一般カード、JCBカードにはショッピング保険と海外旅行傷害保険、EPOSカードには海外旅行傷害保険が付与されています。

家電系の会社との提携カードは家電保証サービスが付いていることもあります!

ショッピング保険とは

クレジットカードで支払ったものが、もし盗難や紛失、破損などのトラブルに見舞われた場合に、その金額が保証されるのが「ショッピングガード保険」です。

東南アジアでは最強!ポイント還元率も高いJCBカード

JCBのプロパーカード『JCB Card W plus L』

プロパーカードというのは、カード会社が独自に発行するカードです。サービスは汎用性が高いものが多く、オールラウンドに使えます。

提携カードというものがあり、例えばANAと提携し支払いをするとポイントでマイレージが溜まるJCBカードなど。連携企業での還元率アップなど企業関連サービスに特化している一方で、連携企業以外での利用は還元率が低いことが多い。

JCBカードを持っていると東南アジアでは飲食店やスーパーの割引を受けられることが多く、インドネシアのジャカルタやバリでもレストランのお会計から10%~割引をしてもらうことが出来ます。

例えばジャカルタでは、日本料理レストランだけではなくアルゼンチン料理のお店やメルボルンから来たタイ料理のお店などのお洒落で美味しいお店も10%オフを実施していました。

なので主人から、出国の準備をしているときに

主人
主人
JCBのカードを作ってきて!

と言われていました。JCBのカードいろいろあるけどどれがいいの?と調べていたら、価格コムで人気だったこちらのJCB CARD W (plus L)。

還元率が通常のJCBカードの2倍、そして39歳以下じゃないと作れない!

年齢プレミア感

39歳以前に作っておけば40歳以降でも利用できます。ということで、作ってダメだったら解約すればいいやと言う気持ちで作ってみました。

提携カードではありませんが、ポイント還元率はプロパーカードなのに驚異の1%~5.5%。オールラウンダーでありながらベースが高い!(通常クレジットカードの還元率は0.5%くらい)

利用してみると、ポイントをAmazonで利用しやすく、還元率も良いのでAmazonをよく利用する我が家との相性が良かったです。

普通の他のカードですと

他のカード
他のカード
Amazonのギフト券とポイント交換!アマゾンのサイトでギフトコードを入力してね!

ということが多いかと思うのですが、こちらは連携設定しておけばJCBで溜まったポイントがAmazonのお会計時に適用されてディスカウントしてくれるので、面倒くさがりの私にはとっても助かりました。

日系スーパーやレストランで値引きされるので日常で利用することが多く、

たまったポイントはAmazonで買い物に利用するという無駄と手間のないサイクルが出来上がりました。

ということで、こちらのカードは東南アジアで生活する我が家のメインカードとなりました。

さらにこちらは、一般カードとしてはとても珍しいショッピングガード保険がついていて、補償内容は下記の通りです。

  • 補償の対象 補償期間内にJCBカードWで支払いした物品が購入日(配送等による場合には物品の到着日)から90日以内に偶然の事故によって損害を受けた場合
  • 補償額 最高100万円
  • 自己負担額(免責) 1事故につき10,000円

100万円も保証してくれるの…!

デメリットとしては、東南アジア以外の国では使えないことが多いというところでしょうか。

JCB以外なら高還元率のリクルートかREXがおススメ

日本国内にいれば、コンビニや交通機関系など自分が良く使う場所でポイント率が高い提携カードを持っているべきだが、海外では提携店を利用する機会が無いので常時ポイント還元率の高いクレジットカードがお勧めです。

もしJCBのプロパーカード以外で海外利用での高還元のカードを狙いたいのであればリクルートカードかREXカードがおすすめです。

年会費無料の上、ショッピング保険、国内外傷害保険がつく。何処で使っても1.2%の還元率。ブランドはVisa,master,JCBから選ぶことが出来るので、既にJCBのカードを持っているけど他のカード会社のものが欲しい。というかたのセカンドカードにもおすすめ。さらに、リクルート系の『じゃらん』『ポンパレモール』などで利用するとより還元率もアップします。

また、REXカードも常時1.25%の還元率。ブランドはVisa,master,年会費無料の上、国内外傷害保険がつく。さらにJACCSモールの利用でさらに0.5~12%が上乗せされたポイントが付く。

キャッシングに特化した最強カード:セディナカード

銀行で両替するよりATMからキャッシングしたほうが、手数料が低くレートも良いということは海外に行く方なら既にご存知かと思います。

数あるクレジットカードの中でもセディナカードは海外でのキャッシング手数料がかからないお得なクレジットカードで有名です。

デビットカードやプリペイドカードで海外ATMから両替をすると、某カード会社では下記のような手数料が採られます。ですが、セディナのクレジットカードはそのふたつが無料になります。

某プリペイドカード セディナクレジット
海外サービス手数料 4%
海外ATM手数料 200円

クレジットカードのデメリットとしては、キャッシングした場合に最大一か月の利息がかかるのですが(0.05%1日にかかります。それでも銀行で両替するよりは安い手数料ですが)セディナカードはネットから利息分を繰り上げ返済できるので、電話が出来ない海外在住者の強い味方!

そしてVisa,Mastercard,JCBのなかでは一番実勢レートが良いMastercardを選択したのでキャッシングに特化した最強カードを作りました。

現地給与を貰っているのにどうしてキャッシングが必要なのか?

我が家はルピアではなくドル建ての給与を貰っているので、対ルピアで円とドル、どちらかレートの良い方を選んでルピ転しています。

海外旅行やラウンジが利用できる、EPOSゴールドカード

一般カード・ゴールドカード・プラチナカードの違いは、

  • 一般=年会費無料、空港ラウンジは基本的に利用不可
  • ゴールド以上=年会費は一万円程、空港ラウンジが利用できる

って言うところが味噌だと思うんですが、エポスカードゴールドは通常のエポスカードを利用していると一定金額を超えたあたりでゴールドカードへ無料の招待が来ます。しかも、ゴールドは初年度50万円以上エポスカードを利用すると、翌年以降、年会費が永年無料に!

なので私も年会費を支払わずにゴールド会員にグレードアップできて、永年、無料で空港の国内・海外のラウンジが利用できることになりました。

海外傷害保険も1,000万円まで自動で付与されるので、海外と日本を良く行き来される方は持っていても損はないカードだと思います。

EPOSカードに申し込みをする

海外駐在前に解約したカードはこんなカード

主人は日本の某交通機関との提携カードを解約。年会費がかかるし、日本に居ないので利用機会が少なくなり辞めたそうです。

わたしは楽天銀行のカードを解約しました。海外にいても楽天で何かを注文することはあるし、年会費もかからないし、理由は特にないんですが、沢山カードをもっているのがなんとなく不安、だったので解約しておきました。

 

 

ABOUT ME
tonaritori
tonaritori
2018年9月~仕事の都合で家族4人でジャカルタで楽しく暮らしています。愛用のカメラはNIKONのD3400です。 趣味は漫画を読むこと、絵を描くこと、筋トレをすること、料理をすること、食べること、ブログを書くこと。 コーヒーが大好き。