ジャカルタいろとりどり
ジャカルタに暮らす日本人の雑記ブログ
インドネシアのこと

美味しい日本食レストラン『炭火』へ夕食に行ってきました。

クバヨランバルにある美味しい日本食レストラン、『炭火』へ行ってきました!

こちらのレストランは、お魚、お肉両方の質が高く、とても美味しい!

よくランチには訪れていたのですが、夜の居酒屋メニューが凄くおいしそうだったので家族で行ってきました。

日本食レストラン『炭火』の場所、店内

クバヨランバルの1パークレジデンスというアパートの一階に入っています。

同じビルのなかにパパイヤやスタバ、あとは美容院のサロン・ド・レスが入っています。

日本人の店員さんも何名かいて、緑茶は北海道産の緑茶を使っていたり、キッコーマンの醤油を使っていたり、シャープのプラズマクラスターが個室に2機もおいてあったりと日本クオリティの気遣いが感じられるレストランです。

このプラズマクラスターが、6~8畳の個室に2つも!我が家のアパートより充実していて、なんだか…空気が美味しい!そんな気がしました。

個室、家族でソファーに座れる半個室、カウンター席、タバコを吸う人のためにテラス席など席も色々ありました。

『炭火』のディナーメニュー

今回注文したのは、前々から気になっていたこちら!

薄切和牛の炙り焼き!トリュフオイルとゆで卵添え!

わー、美味しそうなものが盛りだくさんなメニュー!

お肉二枚で、158k。なかなかのお値段ですが…

このように、生の状態でお皿に乗って出てきます。

刺しが入っていて、美味しそうですねぇ…。

これを、ガスバーナーで目の前であぶってくれます!

ファイヤー!!

いい感じに焼けたところで、店員さんがお皿にもりつけて、トリュフオイルをたらしてくれます。

味なんですが…

 

凄くおいしいです!!!!

 

158Kでこのお肉…?少ないと思うかもしれません。が、満足度が凄く高くて、なんかもう、このお肉一皿で十分な気さえしてきます。

刺しが入った牛肉+オイルで油も結構多かったので、そのように思ったのかもしれません。

ですが、久しぶりに柔らかくて美味しいお肉を食べられてうれしかったです。

こちらのお店は、このお肉の他に炙り牛肉の乗ったお寿司や、Tボーンステーキ(500g)などが目玉メニューの様でした。

魚介メニュー。サバの塩焼き

居酒屋の代表的なメニュー、サバの塩焼き。68K。日本で食べるサバの塩焼きと同じくらい美味しいサバでした。

塩焼きの他にも、サバの照り焼き、サバずし、しめ鯖がメニューにありました。

魚介系のメニューが充実していて、サーモンとか、マグロ、ホタテのカルパッチョ、その他洋風にアレンジされたお寿司(スパイシーツナロールとか、ロール系が多かったです)などおいしそうなメニューが沢山ありました。

その他居酒屋メニュー、揚げ出し豆腐

普通の揚げ出し豆腐です。68K

普通の揚げ出し豆腐だと思いきや、唐辛子が刺さっていてびっくりしました。

明太子ののっただし巻き卵も美味しそうでした。

しめメニューも充実!中華そばも美味しいぞ!

こちらはゆず塩ラーメンです。78K

普通にラーメン屋さんで食べるのと変わらないくらい美味しくて、チャーシューがジャカルタで食べたラーメンの中で一番柔らかくて美味しかったです。

このほかにも、鴨出汁蕎麦や明太子うどん、すき焼き焼きそばなど、、、魅力的なメニューがありました!

日本食レストラン『炭火』はランチもディナーもいい!

炭火はランチに行くと、ランチメニューとして緑茶、サラダ、ミニデザートとお惣菜がついてくるお得なセットがあります。

サイドのお惣菜も手が込んでいてとても美味しいのでランチに行くのも好きなのですが、今回夕食を食べに行ったらディナーメニューも美味しかったです。

日本食にうえている方は是非一度行ってみてください!

日本食レストラン『炭火』店舗情報

  • 平日に行くと、 下記の通りの営業で休憩時間を挟みます。
    11時30分~14時30分
    17時00分~22時00分
  • 土日は11時30分~夜まで休まず営業しています。

とても人気のお店で平日行っても混んでいることが多いので、予約をしていった方が無難です!

電話:(021) 29538428

 

ABOUT ME
tonaritori
tonaritori
2018年9月~仕事の都合で家族4人でジャカルタで楽しく暮らしています。愛用のカメラはNIKONのD3400です。 趣味は漫画を読むこと、絵を描くこと、筋トレをすること、料理をすること、食べること、ブログを書くこと。 TripPartner(https://trip-partner.jp/ )でも記事を書かせていただきました。 コーヒーが大好きなので、インドネシアでいろんなコーヒーを飲むことが出来るのが本当にうれしいです。