Jakarta
Expat wife blog
インドネシアのニュース

【東京オリンピック】インドネシアの金メダル候補Aries Susanti!

2018年、アジア大会が開催されました。正式名称は[ASIAN GAMES 2018] その時のスピードクライミング女子の優勝者はインドネシア人の女の子。
え?インドネシアってクライミング強いの?と、その時初めて知りました。

ということで、その時の優勝選手Aries Susanti Rahayu(エリーズ・スーザンティ・ラハユ.)について紹介します。2020年の東京オリンピックスにも出場されると思うので、要チェックですよ~!

スピードクライミングの金メダルに一番近い選手!Aries Susanti Rahayu

彼女の名前はAries Susanti Rahayu(エリーズ・スーザンティ・ラハユ)。
イスラム教の人は、先祖から名前を貰ったりするので本当の名前が凄く長い。短く呼びたいときは、彼女のニックネームは “Spiderwoman”です。

1995年3月21日生まれ。現在(2019/06/01)の年齢は24歳です。東京オリンピックの時は25歳ですね。

スピードクライミング特化、住まいはジョグジャカルタです。

ジョグジャカルタとは、よくジョグジャと省略されますが、インドネシアの古都です。日本の京都のような場所。IFSCのデータは、世界ランキング4位。(2019/04/01現在)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sehat-sehat terus,,😍😍💃💃 Amin 🙏🙏

Aries Susanti Rahayuさん(@aries_susanti)がシェアした投稿 –


彼女は子供のころから木に登るのが好きで、先生に紹介されてボルダリングを始めました。
同じくスピードクライミング選手の男性(Alfian Muhammad Fajri)と結婚しています。

2018年と2019年、連続で中国で行われたクライミングワールドカップで金メダルをとり、アジア大会でも日本の伊藤ふたば選手を抑え金メダルを獲得しました。

今スピードクライミングのメダル候補に一番近い選手ではないでしょうか?

ヒジャブをかぶりながらクライミングをしている姿が印象的ですが、
彼女のインスタグラムでは長い髪の毛をおろしている写真もあります。髪の毛をおろしたスタイルの方が日本人にはかわいいく見えますね。

Aries Susanti Rahayuのクライミング試合動画

Asiam Games

テレビのコメンテーターも、あまりの速さに驚いていますね。(笑)

こちらは中国で行なわれた2018 Rock Climbing World Cupで優勝した時のもの。

イスラム教の女性のためヒジャブをかぶって、髪の毛や肌の露出を避けるスタイルで参加しているのでテレビで見ても遠くから見ても、きっとすぐに彼女と分かると思います。

鳥取などに来日していたようです。顔小さくない…?羨ましい。

インドネシアでクライミングはそこまでメジャーなスポーツではなく、十分なジムがある環境ではありません。
ですが、ランブータンやマングローブといった高くて丈夫な木はそこら中に生えています。
それが彼女の登る力を付けたのかとおもうと感慨深いですね。

2020年東京オリンピックには、ヒジャブをかぶったエリーズにもぜひ注目してみてください!

 

 

ABOUT ME
tonaritori
tonaritori
2018年9月~仕事の都合で家族4人でジャカルタで楽しく暮らしています。愛用のカメラはNIKONのD3400です。 趣味は漫画を読むこと、絵を描くこと、筋トレをすること、料理をすること、食べること、ブログを書くこと。 TripPartner(https://trip-partner.jp/ )でも記事を書かせていただきました。 コーヒーが大好きなので、インドネシアでいろんなコーヒーを飲むことが出来るのが本当にうれしいです。