Jakarta
Expat wife blog
生活お役立ち情報

【2019年最新】ジャカルタのクライミング・ボルダリング施設一覧

2018年のアジア大会で、実はスポーツクライミングのスピード部門でインドネシア人女性が優勝していたってご存知でしたか?

まだインドネシアでもメジャーなスポーツではありませんが、ジャカルタにも2019年から屋内でボルダリングのできる施設が増えてきました。というわけで、今回はジャカルタ市内、郊外のボルダリングジムを紹介します。

スポーツクライミングとボルダリングの違い

ボルダリングとクライミングジムを分けずに紹介しますが、基本的な違いは下記のとおりです。気軽に始めたいならボルダリングの方をお勧めします。(レンタルするものや準備が少ないので)

クライミング

一般的に安全綱を腰のあたりに装着して10mくらいの高いところまで命綱を付けて登ります。オートで紐を引いてくれるマシンもありますが、基本的に2人一組になって行います。

ボルダリング

高くても3mくらいまでの壁を、命綱なしで登ります。降りるときは下にクッションが引いてあるので、その上に着地します。

ジャカルタ市内にあるクライミング・ボルダリング施設

まずはジャカルタ市内にお住みであれば高速を使わなくても行ける、ジャカルタ市内にあるクライミング施設からご紹介します。

Lapis Malem Bouldering Gym


屋内のボルダリング専用施設。2019年から始動したジムの用で、新しく綺麗。コーチが数名いて、指導をしてくれます。広くはないですが価格もリーズナブルとのことです。詳しい情報がまだGoogleに乗っておりませんが、お店の人に問い合わせたところ朝7時から営業とのことです。

これから行ってみたら、また詳細情報を掲載しようと思います。

IndoClim(仮) FXスディルマンモール内のボルダリングジム

FXスディルマンのショッピングモールの吹き抜けに新しく開店予定のボルダリング&リードクライミングができる屋内ジム。

リードクライミングは18mあるそうです。ただ、まだ営業はしていない様子です。

5月から始動と書いてありましたが、インドネシアなので遅れる可能性があります。

10時00分~22時00分 FXスディルマンの営業時間に準ずる

TPTI (Federasi Panjat Tebing Indonesia)

屋外のリードクライミング施設。営業時間や料金は不明のうえ、登れる壁も5面ほどしかなかったので、あまり期待できなそう…

Panjat Tebing GOR Ragunan

ラグナン動物園付近のスポーツ施設にある屋外のリードクライミング施設で、あまりきれいな設備とは言えませんが、ちょっと練習するには十分。週末は子供たちがクライミング施設で練習しています。

ジャカルタ郊外のクライミング施設

 

ジャカルタ郊外にはボルダリング施設は昔からあり、日本人の方も訪れています。

Peak To Peak Indoor Climbing Gym


屋内のリードクライミングとボルダリングの施設です。シャワールームも併設されています。日によって、レベルアップセッションがあったりGOPAYの割引もあり。

ジムの一日の利用料は95K、100K支払って会員になると85Kになります。

月曜日は定休日、平日は13時~22時、金曜日のみ15時からの営業、

週末は10時~20時の営業です。

公式サイト

Go Climbing(旧Bremgra Indoor Climbing Gym)

イオンBSDに行く高速出口を降りてすぐの場所にあります。リード用の高い壁もあるし、子供のためのクライミングエリア、大人が休めるカフェも併設してあります。ボルダリング用の壁はあまりありません。

写真は公式サイトより引用

料金は平日75K、週末は150K

営業時間は10時00分~21時00分

また、以前子供の遊び場で紹介したBSDのScientia Square Park にもリードクライミングとボルダリングのできる屋外施設がありました。

まとめ

しかし、他の屋外の施設は暑さに慣れていないのでできれば遠慮したいな…と、まだ挑戦できていません。2019年からボルダリングジムの開業ラッシュで、とてもうれしく思いました。FXモールのクライミングエリアの開業が楽しみです。

ABOUT ME
tonaritori
tonaritori
2018年9月~仕事の都合で家族4人でジャカルタで楽しく暮らしています。愛用のカメラはNIKONのD3400です。 趣味は漫画を読むこと、絵を描くこと、筋トレをすること、料理をすること、食べること、ブログを書くこと。 TripPartner(https://trip-partner.jp/ )でも記事を書かせていただきました。 コーヒーが大好きなので、インドネシアでいろんなコーヒーを飲むことが出来るのが本当にうれしいです。