Jakarta
Expat wife blog
駐在妻生活について

引きこもり?孤独との戦い?駐在妻が帯同半年を振り返る

ジャカルタに駐在してきて気が付けば半年たちました。
諸先輩方を見ていると、いろいろなお店に挑戦したり、パサールでオーダーしていたりして凄いなぁ!と尊敬のまなざしで見ずにはいられません。
でも最初から皆さんインドネシア語がペラペラだったり、いろいろできたわけではないはず…
色々最初は苦労されて、今があるはず…と思うのです。
今は殆ど大したことは出来ない私ですが、半年ごとに出来たことを書いていったら、結構自分の成長が確認できるんじゃないかなぁ。
そう思って、自分の成長記録として半年を振り返ろうと思います。

最初のスペック

  • コミュ障で人見知り
  • ジャカルタに知り合いは居ない
  • ジャカルタに来るのも初めて
  • インドネシア語 want (mau)とナシゴレンという単語だけ知っている

いわばレベル1の冒険を始める前の勇者の状態。
装備品は「ぬののふく」と「きのぼう」。

1か月目 メンチ切られて外出恐怖症

帯同して一か月目はホテルで滞在。プレイグラウンドで出会った方々は皆さん同じ年頃の子供を連れていたこともあって優しくしていただきました。
その点はとてもよかったのですが、テレコムセルで通話SIMを主人と買いに行った時、2人ともインドネシア語が全く分からないため、店員さんにメンチを切られました。
え、ちょ、こわい。インドネシア人めっちゃ怖い。

それから外出するのが怖くてプレイグラウンドと部屋との往復だけのほぼ引きこもりで過ごしていました。

さらにインドネシアの洗礼、腹痛に襲われました。

これはきっとインドネシアで亡くなった日本兵が挨拶をしに来ないから怒っているに違いないという錯覚に陥り、カリバタ英雄墓地にお墓参りに行きました。インドネシアの独立のために戦い、そのままインドネシアで亡くなった日本人の方がここに埋葬されています。おととし亡くなった方もいて、大変な時代を生きてこられたのに長生きをされたなぁ、どんな人生だったのかお話を聞いてみたかったなぁとお墓参りをして思いました。これはこれでとても素晴らしいところだったので駐在された方は是非一度訪れてみてください。

閑話休題。

とはいえ、ホテルなので、朝食は食べきれない量を作ってサーブしてくれたので、昼食は食べなくて済んだし、アザーンも聞こえないし、主人は会社から近いし、今思えばかなり快適に過ごしていました。

2か月目 『マダム、これじゃ何も買えません』

やっとこさ住まいが見つかり、引っ越し完了。と同時にメイドさんを雇い始めました。詳しくはこちらを参照。

メイドさんはとてもいい方だったけど、子供をメイドさんと二人にして外出なんて絶対にダメ!攫われたら死んでも後悔する!危ない!と周りから言われていたしそうだよねーと思っていました。
(半年たった)今ではかなり信用して普通に外出をしているし、一時帰国の時は鍵を渡してハウスキーピングを頼むほど信頼しています。

まず住み始めたマンションはアザーンの音が凄く煩くて住んでみてとてもビックリしました。前のホテルは向きが良かったのか、スディルマンのど真ん中だったからか全然アザーンは聞かなかったので本当にびっくりしました。おもわずアブダビにいる同僚にメールをしてしまいました。
そして例の変な虫との戦いが。インドネシアは何と恐ろしい場所だろうと、恐怖で震えました。
しかし、娘のプレスクール探しのため、外出恐怖症は克服。電話をかけまくって最初の2週間でトライアル等をして申し込みを終えました。
このように、引っ越してから一か月は怒涛のように去っていきました。

ところで、買い物に行けるようになったものの、お金の桁にまだ慣れず、メイドさんにパサールに買い物に行ってもらった時、30万ルピア渡すつもりが3万ルピアしか渡さず『マダム、これじゃ何も買えません…』と言われたことがありました。
まだよくわかってなくて8万ルピア渡して買い物に出し。それでもひき肉とか野菜とかマンゴーとか、いろいろ買ってきてくました。
あとで間違いに気が付いて情けないやら恥ずかしいやらで、めっちゃ謝りました。メイドさんは笑いながらティダアパアパ~と言ってくれて、本当にいい人が来てくれてよかった…と思いました。いわば冒険の仲間が一人増えたような安心感が沸きました。

3か月目 『Go-Foodで腹痛事件』

娘が午前中学校へ行ってくれるようになったので、買い物に少し自由に行けるようになってきました。
近所のスーパーをいろいろ回ってみて、臭くないお肉をうっているお店、新鮮な野菜が売っているお店など、お店の特色をいろいろ把握できるようになってきました。
さらにGOJEK、トコペディアを使いだしてかなり生活がはかどってきました。
しかし一回GOJEKでバーガーを頼んだら、届くまで1時間かかり、それがいけなかったのかそのハンバーガーを食べた後に謎の腹痛に襲われました。
それ以来GO-JEKは頼んでいません。かわりに息子が良く下痢になり、検便を病院へ送るためにGO-SENDを使うようになりました。
検便は出てから2時間以内に届けなくてはいけないのですが、車がない時自分で届けなくていいから、すごく便利です。
また、英語とインドネシア語を週に一回習い始めました。

そのぶん忙しいのがひと段落して、ホテル住まいの時に出会ったママたちが懐かしくなりました。
同じマンションにすむ方々は子供の年代が少し違うようで、友達は出来ない…
主人に誰か友達を紹介してあげようか?と心配される始末でした。

4か月目SOSポテチ

先月に引き続き謎の腹痛に襲われました。日系のタケノコクリニックに行き、バクテリアがいるから、と抗生物質と点滴を打ってもらいました。
しかし一週間たっても腹痛とけだるさが続くため、セカンドオピニオンで深夜にインターナショナルSOSクリニックへ突撃しました。
こちらは平日の日中しか日本語が話せるスタッフがおらず、夜は英語しか通じず震えましたが、点滴を打ってもらって、検便をしてもらって、バクテリアはもういなくなってるから、ただの脱水だね、水をたくさんとってね。と言われました。点滴で3時間くらいベッドで寝ていたのですが、その間

バリ!!(袋を開ける音)

むしゃ・・

ポリポリポリ…

という音がついたての外から聞こえ

「ポテチだ…」

「これ絶対ポテチ食べてる音だーー!」

と、日本との病院の違いにカルチャーショックを受けました。
さらに、お会計がキャッシュレスじゃなかったので6ジュタ請求され。
ココが一番の修羅場でした。(後日ちゃんと返金してもらえました)

語学力については、なんとしてでも意思を伝えなくてはいけない環境が功を奏したのかインドネシア語と英語を駆使して病院でも意思の疎通が取れるようになってきました。

5か月目 セーブポイント日本。

念願の日本一時帰国…落ち着く…日本落ち着く…
日本の清潔さと、言葉が通じるということのありがたさに涙しました。せっかくにほんにきたから、お寿司をおなか一杯食べよう!とお寿司屋さんに行くも、
腹痛の連続で胃が小さくなっていて普通に一人前食べて終わってしまいました。切ない。
でもお外で思い切り遊べて子供もうれしそうでした。

だけど日本の冬って寒いし、すごく乾燥するんですね。雨季の東南アジアから来た者にとってはなかなか過酷な環境でした。手が乾燥でしわしわになりました。

6か月目 急にやる気出す

日本で元気と勇気をチャージできたのか、同じマンションにいたママをお茶に誘うことに成功しました。その後、なんと家族でバーベキューをするまでに発展しました。日本の力はすごい。

あとは、メイドさんについてきてもらって、案内してもらいつつパサールに行くことができました。さらにお金をインドネシア語で言われても、なんとなく日本円に換算して感覚がわかるようになってきました。
カード払いと電子マネー決済をしているとなかなか金銭感覚の成長が難しいなと思うところもあります。

ここに書ききれていないほどいろんなことがありましたが…まとめると、こんなかんじです。

半年で成長できた点

  • 衛生管理の整った場所になら子供を二人連れて行けるようになった。
  • レストランや買い物などの決まった言葉しか使わない場面でなら、インドネシア語でなんとか意思の疎通ができるようになった
  • 同じアパートに話かけられる友達ができた

ということでしょうか。
最後のがとくに大事にでした。コミュ力高い方でしたら、引っ越して速攻でお友達が出来るところですが私は半年かかりました。
まだまだインドネシア語は流ちょうではありませんが、説明しづらいことはあらかじめメモに書いて行ったり、携帯のスクリーンショットにとっておいて絵で説明できるようにするなど、話せないなりの流用をできるようになりました。
なので、恐怖のテレコムお姉さんの所にも今は臆さずに行けます。欲しいデータと通話時間を電話番号と一緒にメモに書いて渡すだけです。

今後の展望、目標

今後半年の目標は一人でインドネシア語しか通じないローカルのお店に行くことです。パサールに一人で行くことができたら良いなぁと思いつつ、下の子供を置いていけないのでまだ実行しておりません。
下の子供が学校に通い始めてくれたら、私も語学学校へ通ってみたいなぁ、とも思っています。日常生活が困らない最低限のインドネシア語を覚えてからは、勉強するモチベーションが保てず、どうやって今後も継続的に勉強していくのかが今後の課題。語学友達、欲しいです。

 

ABOUT ME
tonaritori
tonaritori
2018年9月~仕事の都合で家族4人でジャカルタで楽しく暮らしています。愛用のカメラはNIKONのD3400です。 趣味は漫画を読むこと、絵を描くこと、筋トレをすること、料理をすること、食べること、ブログを書くこと。 TripPartner(https://trip-partner.jp/ )でも記事を書かせていただきました。 コーヒーが大好きなので、インドネシアでいろんなコーヒーを飲むことが出来るのが本当にうれしいです。