ジャカルタいろとりどり
ジャカルタに暮らす日本人の雑記ブログ
生活お役立ち情報

ダニ、アリ、蚊、etc…我が家の害虫駆除方法

ジャカルタにこして来てから2か月ごろ、すごく日本に帰りたくなった時期がありました。

何故かというと、虫がすごい。
夜起きるとなんだか痒い。足とか結構刺されてる。たぶん、ダニ。

でも、それと同時に、朝起きるとベッドに謎のシミができていることがありました。
正体が見えないまま過ごすこと一か月。
結局それはダニではなかったのです。

ということで今回はジャカルタの害虫問題と、予防法についてです。
最初は虫との戦いが書いてあるだけなので、予防法だけ読みたい方は目次から飛んでください。

ベッドに黒いシミを見つけたら要注意!それ、害虫の仕業です…

ジャカルタに引っ越してきて、初めて住んだ家は新築の家で、前にだれも住んでいない状態でした。
なので、家具も新調されたもので、すべて見たところはとてもきれいでした。

しかし、ある朝起きるとベッドに黒いような、妙なシミができていました。

その時の写真です。よくみてみると、何かの糞のような、塊もあります。
メイドさんにこんなシミがあったんだけど、何かわかる?と聞きましたが、
見たことない、知らない。髪染めが写ったんかと思ったわ。と言われました。

そしてもう一つ奇妙なことに、そのシミができた日は一緒に寝ていた娘が必ず夜泣いて起きました。

娘は私が一緒に寝ていれば夜泣きはしないのに、変だなーと思いました。

不気味なので一応病院へ連れて行ったものの、抗ヒスタミン薬をくれただけで、原因はわかりませんでした。

教えてgooで聞いてみた

どうしたらいいのかわからず教えてgooで聞いてみたら、『クモの糞じゃない?』
と言われました。

そうかー真上に照明があるから其処からクモがうんこしたのかー。
クモなら別に良いかー。

腫れているのも学校で刺されたのが遅れて反応が出たのかもな。

そう思って一か月過ごしました。

しかし、相変わらず週に一回くらい蚊ではありえないくらい腫れる何かに刺されている娘。
またまた奇妙なことに、夜中に娘がベッドを指して「虫ちゃん、虫ちゃん」といったんです。
でも、私が見たときにはもういなくて…
主人は「何か見間違えたんじゃない?知ってる言葉を言いたいだけかもよ」と楽観的でした。

正体が判明

不気味な現象に悩まされること数週間、ついに正体がわかりました。
ベッドのカバーをかけ替えていたメイドさんが虫を捕まえてくれました。

こちらがその虫を取ったときの写真。
詳しい人に聞いたらサシガメという、吸血カメムシでした。

ええええええええええええチョーきもいんですけど…
しかも調べたら刺されるとに刺されるのと同じくらい痛く、シャーガス病という疫病をもたらす虫と書いてありました。
最悪です!
娘が夜中に泣いて起きていたのは、たぶん、この虫に刺されていたかったからだろうと…
どうして早く気が付いてあげなかったのか、娘が『虫ちゃん』って言っていたことをどうして信じてあげなかったのか、凄く申し訳ない気持ちになりました。

サシガメの駆除

その後ハウスエージェント経由でペストコントロールをお願いして、エンジニアが来てくれたんですが、

エンジニア
エンジニア
え?トムキャットか蚊が出ただけって聞いたんだけど?こんな虫がいるなんて聞いてないよ?この虫、めっちゃ危ないし、初めて見た。マットレスの中に巣を作ってたら、僕の持ってる道具じゃどうしようもないし、もうマットレスごと変えるしかないよ

ほ…
ホウレンソウ!!!!!

この国ね、ホウレンソウの概念皆無
『虫が出たから駆除に行ってね』っていう情報だけ、エンジニアに伝わっていたようです。

新築だからベッド等の家具は綺麗だろうと思っていたのに、その家具についていたのか、
搬入の際に入り込んだのかわかりませんが、こんな危険な虫が海外駐在員向けのマンションの家の中にいるなんてとてもショックでした。

怒りつつエージェントに電話したら、平謝りされて、
ハイドロクリーニングというものを頼んでくれました。

ハイドロクリーニングが来た

ハイドロクリーニングとは、ベッドを高圧洗浄機で水洗いしてくれるインドネシアのサービスです。
ベッドだけではなく、ソファーなどもやってくれます。
スーツケースを引いたお兄さんがやってきて、粉をべっどにふりかけて掃除してくれます。
マットレスの奥の方までこれなら洗浄できる、かも。ということで来てくれました。

掃除をしてくれるお兄さん。

この機械の中に水が入ってて、キレイにした後ここにたまるみたいなんだけど、

掃除が終わった後見せてくれたんだけど、灰色になってて汚かったです。
まだ一か月しか使ってないのに恐ろしいなぁ。
泡になって浮いているのがダニとかそういうものだと、掃除のお兄さんが教えてくれました。
3か月に一度くらい定期的に掃除した方が良いよと言われました。

が、10月に来てもらって以来虫刺されの被害はなくなったのでまだ実行していません…
こちらがハイドロクリーンのサイト。興味がある方はどうぞ。

というわけで、トムキャットや、火蟻以外にもサシガメという恐ろしい害虫がいるので、
もし怪しいシミをベッドで見かけたら要注意です!!!

サシガメ以外の害虫の具体的な対策案

ジャカルタの気候は虫が発生しやすく、ちょっと気を抜くとすぐに虫が湧いてきます。先輩駐在員の方に教えていただいた方法をまとめてみました。

ダニ対策

気温が常に高いのでダニが沢山わいてきます。ベッドのシーツ交換の際は掃除機をかけることをお勧めします。
ロッテマートやグランドラッキーといったスーパーに売っているユーカリ由来のダニ予防スプレーもおすすめです。鷲の絵の緑の缶が目印!アロマ由来なので子供がいるおうちでも安心です。

あとはダニ取りロボというダニ取りシートが良かったです。

ベッドにおいてから一週間したらダニが集まってきたのか、シートが茶色くなっておりぞっとしました・・・3か月しか持たないのでレフィルを買って継続してつかっています。
日本にしか売ってないんで、ジャカルタに来る予定のある方は買ってくると良いと思います!

海外のダニにも効いた!最強のダニ取りシート、ダニ捕りロボで害虫駆除しました。ジャカルタのアパートメントに越してきたばかりの時、その部屋に入居するのは私達が初めてだったにも関わらずベッドにダニがたくさんいました!!...

こういった対策をしてから夜中に刺されることがなくなりました。
ダニはアレルギーの原因にもなるので小さい子供がいるうちは特に気を付けたいです。

アリ対策

食べかすは気が付いたときに片づけしているんですけど、扉が外向きなので気が付くとアリが家の中にいます。
そんなとき、主人が会社の方に相談したらこちらの商品をおすす分けしてくださいました。

アリメツ!!アルゼンチンアリにも効く。

その同僚の方曰く『今までどんなアリ対策をしても効かなかったけど、これを置いたらアリが出なくなった』、とおっしゃっていました。
さすがアルゼンチンアリにも効く。アルゼンチンアリについて知らないけど強そうな感じは伝わってきます。

これをおいてからアリが家の中にいることは、あんまりなくなりました。

蚊予防

今デング熱が流行っていますから、蚊についても気が抜けません!!
家の中にもいつの間にか入ってきています。どこから入ってきたのかわかりませんが、たぶん換気扇だとおもいます。
換気扇のある場所はファンを常にかけることをお勧めします。
また、ダニやアリ除け商品はないけど、蚊よけはたくさんローカルストアに売っているので
蚊よけについては現地の強力なものを買えばよいと思います。

dav
  • オーガニックの、ハーブ系虫よけスプレーなんかも売っています。(左)
  • 一歳の息子にはマザーズケアで買った子供用の低刺激の蚊よけ(真ん中)
  • 外遊びの時間もある2歳の娘にはちょっと強力なもの(右)

と、いろいろ使い分けています。

最新の研究を基にした蚊よけ対策

最新の研究によると蚊は足裏の雑菌の数が多い人に寄る性質があるそうなので

お出かけ前に除菌ジェルをぬるとか、足裏をマメに洗うようにしましょう。

ムスリムの人は一日5回、お祈りの前に足を洗っています。それって実は蚊よけ技術のない時代に一番有効な蚊の対策だったのかもしれません。アラーのお告げは凄いと思いました。

ショウジョウバエ対策

我が家はこちらを愛用しています。面白いほど、毎日くっついています。ビジュアル的にはイマイチなのですがそのぶんの働きはしてくれました。

あとは排水溝を定期的に、パイプユニッシュみたいなインドネシア版のものを使って掃除をしています。

トムキャット対策

トムキャットは、黒と赤の模様が特徴的な、見るからにヤバそうなカラーリングの虫です。その虫が這った後の体液を触っても皮膚がはれるという厄介な虫です。お住いのアパートメントでペストコントロールをしており、出ないように定期的に薬剤がまかれているはず。それでも外から飛んできてしまう場合があります。

光に集まりやすい習性があるため、夜は扉側のライトを消しておくのがお勧め。

最後に

以上、私が数か月虫と格闘した記録でした。特にサシガメは今まで刺された人の話を聞いたことがないのでかなりレアケースですが、これから来る方の参考になれば幸いです。

ABOUT ME
tonaritori
tonaritori
2018年9月~仕事の都合で家族4人でジャカルタで楽しく暮らしています。愛用のカメラはNIKONのD3400です。 趣味は漫画を読むこと、絵を描くこと、筋トレをすること、料理をすること、食べること、ブログを書くこと。 TripPartner(https://trip-partner.jp/ )でも記事を書かせていただきました。 コーヒーが大好きなので、インドネシアでいろんなコーヒーを飲むことが出来るのが本当にうれしいです。